食べ物で便秘を改善する基本は、食物繊維と酵素です。

FrontPage

便通を改善する方法

食べ物で便通を良くする基本は、「食物繊維」と「酵素」です。
肌荒れや肥満を予防するためにも、便通を改善しておくことが大切です。
食物繊維は人の消化器官で吸収されずそのまま排出されるもので、水分を含むと膨らんで腸内容物の体積を増加させ、腸内粘膜を刺激し便通を改善します。
また、酵素は体内の新陳代謝を促すもので、酵素不足によって代謝が悪くなり、腸内に滞留腐敗便(いわゆる宿便)が溜まり、これが悪玉菌のエサになって慢性便秘の原因になることがあります。
良質の食物繊維は、主に穀物や野菜・果物・キノコ類・海藻などに多く含まれています。
酵素は、味噌、納豆、ぬかみそ漬けなどの発酵食品に多く含まれています。

便通を良くする食品

代謝を改善するファスティングプレミアム

酵素ジュース

山田式ミネラルファスティング仕様でつくられた植物酵素エキスです。
酵素は人間の体内で無尽蔵に作り出されるわけではなく、年を取るにつれてその量は減少していきます。酵素が不足すると代謝が弱くなり身体が冷えて便秘の原因になります。

ファスティングプレミアムの詳細はこちら

酵素で活性化された麻炭パウダー(食べる麻炭)

炭

いま、体の中をきれいにする健康食品として、「炭」が話題です。
中でも、備長炭や竹炭と比べて多孔質性に優れた麻炭は、薬品処理・ガス処理を必要とせず、安心です。
さらにこの麻炭パウダーは、EM酵素で活性化されています。
麻炭は体の内側と外側に有効。腸をきれいにして善玉菌を増やすために飲用することも、また皮膚のデトックスのために入浴剤として使用することもできます。
食べる炭 EM-S麻炭パウダーの詳細はこちら


powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional